切手の値段を下げさせない

切手はホコリや高温に弱いのですが、特に古いものは湿気が大敵となります。糊の部分にカビが生えてしまったり、シミができたりするのです。買取専門店に持って行っても最悪の場合、値段がつかない、なんてことにもなりかねません。そうならないように、普段から丁寧に扱う必要があります。まず、素手では触らないようにすることが大切です。皮脂などがつくと変色の原因となるからです。インターネットなどで切手用のピンセットが売ってるので、検討してみると良いです。まれに先がギザギザになっているものがありますが、傷をつける可能性があるので避けるべきです。そして保管するために、ストックブックというものがあり、これには防湿性が備わっていて、その上、査定してもらう時などは、そのままお店の人に渡すことができて大変便利です。他にもストックリーフといったものがあり、こちらはサイズに応じて使い分けることができ、発行年月日などを書き込むことが可能ですし、収集家同士で交換する時も直接触れることなく行えるといったメリットがあります。

切手の値段について考える

はがきを出したり手紙を出す時など、普段の生活で当たり前のように使っている切手ですが、思わぬプレミアが付いている場合があります。コレクターが存在しており、珍しいものは値段が高くなる傾向があるようです。ただし、珍しければ全てが高値になるとは限らず、プレミアが付くにはいくつか条件があります。まず、希少性の高い切手はプレミアが付く場合が多いです。イベントで限定枚数が販売されたものなど、現在では手に入らないものはプレミア率が上がります。このようなものは、記念切手と呼ばれています。枚数が出回っていないというのもポイントで、イベント限定販売でも数が多いとその価値は下がります。そして、手に入る地域が限定されている場合も価値が上がります。観光用などに作られることが多く、その地域の特色を生かした美しいデザインのものが多いです。ですが、数が多く出回っている場合が多いため、そこまで高値にはならない傾向があります。

おすすめWEBサイト 5選


パーソナルトレーニング 名古屋


最終更新日:2020/2/14

↑top