不用な切手の買取市場

ある程度まとめて切手を購入した場合でも思ったよりも使用しないことがあったり、また企業等でも備蓄品としていくつもの種類の金額のものをまとめて購入して持っていてもなかなか使用されない金額のものの処分を考えたりするようなことがあります。その場合には金券ショップで買取してもらうことが多いです。それらを郵便局に買い取ってもらうことができないということがあまり知られていなくて、郵便局の窓口にで買取できないことを聞いて初めて知る人も多いです。そのような場合には、戻ってくるお金は減りますが金券ショップに買い取ってもらうしかないです。ある程度まとまった枚数で、切手が繋がっている場合、耳がついている場合にはより高額に買い取ってくれますし、糊のつき具合、表面の傷の具合等の要因によっても価格が変動します。また珍しいもの、記念切手等の場合には、それをコレクターとして収集している人達の市場もあり、ものによっては額面以上の金額で買取してくれるケースもあります。

切手の買取をしてもらいたいときの注意点

切手の買取をしてもらいたい場合に、金券ショップ等に行くと、買取をしてくれると思います。家の中にいらない、特に価値が認められているような希少な切手の場合には、家の中に保存しておくよりも売ってしまった方が良い場合もあります。ただ、いざ売る場合にはいろいろ注意点がある場合が多いので、各金券ショップごとに設定されているルールというか、注意点を事前に確認しておいてください。例えば、全部ひとまとめにして持って行くのではなく、額面ごとに分けて、袋などに入れて持って来てほしいとか、そのまま持ってくるのではなく、台紙に貼ってきてほしいとか、各金券ショップで取り扱いの要望がありますから、それを守らないと買取が不可能になってしまったり、また出直してこないとダメな場合もありますから、手間を余計にかけるのは大変ですから、事前にちゃんと確認をしてから売りに向かいましょう。家にある切手が思わぬ高値で売れることもありますから。

Valuable information


Last update:2019/6/13

↑top