封筒に切手を貼って返答しやすくしたものの

企業間の取引においても、先方の企業から返答が欲しい場合には、郵送物に同封して切手を貼った封筒を送り、そのままポストに入れるだけという準備をして送付するケースが多いです。例えば決算時の残高照合等のように、先方からの返答が必ず欲しい場合にはそのような手段を取ることが多いです。また企業活動においては、いろいろなリサーチ企業からアンケート等が送付されることも多いです。その場合も同様に切手が貼られた封筒が同封されていることが多いですが、ただそのアンケートの内容によっては必ず返答しなくてもいいものも多く、その場合には最初から返答する気持ちがなく切手だけを剥がして再利用することもあります。このように準備されたものが届くことにより、ポストに投かんするだけで済むと言う、途中の準備を割愛できることで返答率をあげようと言う考え方は、それ以上に、その企業の信頼性がどのようなものかという部分が大きく関わっています。有名な企業であれば当然のように返答率が高いですが、それ以外では返答率は下がる傾向にあります。

切手の貼り方と横長封筒の書き方

切手と封筒は日常生活の中でも使用頻度が多いものですが、書き方に悩んだことはないでしょうか。例えば、横長に封筒を使用した場合の切手の貼り方などは多くの方が間違えやすいものです。まず、横長に使用した場合には、右上側に横向きで切手を貼ります。つまり、通常通りに縦長で使用した時と全く変わらない位置に貼ることを指します。また、書き方についてですが横長の場合には横文字で書くことになります。2行に分けて文字を書くことになりますが、1行目には住所で、2行目に相手の氏名を書きます。なお、住所に会社名や部署などを書く必要がある場合には、バランスが取れるように相手の氏名を事前に中央に書いておくなど工夫することが必要あります。続いて、封筒の裏についてですが、横長では差出人の住所と氏名を中央よりも下側に書くことが正しいとされます。書く内容としては郵便番号と住所、氏名を最低限は書きますが、状況によっては左上に送付日などを書くことがあります。

recommend



2019/8/2 更新

↑top